森林保全活動の魅力を伝えたい

 
お日の森くらぶに参加して活動している八代盛夫さんの森林に対する思いを述べていただきました。これから森林保全活動に参加したい方へのアピールです。

お日の森のとの出会い

2年前、森づくり全くの未経験からスタートしました。
 当時、環境の問題から森林や林業の問題を知るようになり、関わりたいと考えていました。しかし、経験も知り合いも何も無い身、きっかけを作る方法は何かな?何か資格をめざすと良いかな? などと模索しているうちに、2015年の始め、お日の森と出会いました。
私のような者が顔を出して良いところなのかどうか想像もつきませんでした。意を決して参加したところ、ノコやナタの使い方の基本から親切に教えていただきました。考えてみると貴重な作業の手を休めて面倒見ていただいたわけです。お日の森の皆様に対しての感謝の気持ちは忘れられません。調子に乗って道具はどんな物がよいかいきなり聞いて回り、これまた親切にいろいろとアドバイスをしていただきました。
このようにして、森づくりに関われるようになりました。
メンバーは大らかな方ばかりで居心地よく参加させていただいています。わりと頻繁に新しい方も参加してきます。様々な立場の方との出会いが豊富なことも、このフィールドの魅力です。

 

森づくりに参加し始めて関心が高まったことが二つあります

 体験から確信したことは、ヒトの心身の基本は森林での活動向きに出来あがっているということです。様々な作業を覚えて少しづつできるようになってくると、忘れていた能力が目覚めてくると言った感じがします。 

1…森林活動の魅力を人に伝えたい

 一つ目の関心は森林活動の魅力を人に伝えて誘いたいということです。想定するターゲットは、ごく普通の人です。つまり、すでに森にやってきている意識の高い人、いわば「森林エリート」ではない人々。特に若い人です。人工的な環境に閉じ込められて悶々とした暮らしをしている人々にこの「脱け出せた」という感覚を伝えたい。単に森を歩き回るのでも構いません。しかし樹木と密にかかわることのできる森林作業の方がおすすめです。


森づくり(そして農業も)の恩恵が人間よりも野生の動物の方に行ってしまいかねないのが現状です。皆で森に通いましょう。行くと良いことばかりです。

2…木をもっと利用しよう

 二つ目の関心は木の利用です。木の感触が好きで、もっと身の回りを木で埋め尽くしたい。なぜ木余ってしまうのか、なぜ店で木の製品を見つけられないのか素朴な疑問です。
 最近では自作のボールペンに凝っています。直径2cmくらいの枝から簡単に作れます。茨城に行った時に道の駅で見かけたのものを真似してみました。雑に作ったもの(皮もむかず小枝さえも付いたまま)の方がかえって愛着がわきます。

 そのほか、木を使った魅力ある小物がアイデア次第でもっとあるように思います。逆に高級な使い方に目を向けると、高級品の代表として楽器があります。楽器の大多数(打楽器、管楽器、弦楽器、地域を問わず世界中)は質の良い木材があって初めて成り立っています。プラスチック材料の技術革新が侮れず油断できませんが、今後も木の魅力が上であり続けるように思います。国産で良い材料を製造できないのかこれも素朴な疑問です。価値の高いもの、斬新な使い道もありうるのではないかと想像します。 
  

簡単ではないが息長く活動を続けて答えを見つけていきたい

 いずれもうまくいくなら苦労しない、といわれてしまいそうな話です。確かに簡単なわけがありません。ですからこれからも森づくりに参加し続けてじっくりと答えを見つけて行きたいと考えています。自分の森林活動が持続可能であることを心がけて、息長く続けて行くつもりです。 
 

お日の森くらぶ会員
森林インストラクター東京会会員
        八代 盛夫

■お日の森フィールド

JR高尾駅を降りてから歩いて約15分の所にお日の森があります。 ここにはまだアナグマや狸そしてイノシシが住んでいます。
沢もありますがいまではほとんど涸れており普通は水が流れていません。 過ってこの沢にはたくさんの沢蟹がいました。 森の中にはたくさんの蝶などの昆虫が飛び回っていました。
私たちは昔のような豊かな生物が生息できるような森への再生を目指して活動しています。

【くらぶの目的】

・60年間放置された雑木林を市民のボランティアと西浅川山林組合が協同で手入れすることにより、かつての美しい雑木林の復元を図り、共有の資産として将来に残す。
・都市住民の子供達や近隣住民の自然体験の学習や遊びの場に活用出来る事を目的に計画作りと整備を行なう。

【イベント参加申し込み案内】

LinkIconイベント案内へジャンプ

【活動場所】 

八王子市西浅川町156-1及び2(西浅川山林/通称“お日の森”)2.87ha JR高尾駅・京王線高尾駅 北口より徒歩約15分

【定例活動日】毎月 

■お日の森:第2火曜日&第4日曜日
■駒木野:第2土曜日

東京・八王子市西淺川町

朝一番に日が当たるから「お日の森」、すてきな名前を持った小さな山です。かって薪や炭、畑の堆肥を供給していた雑木林は、燃料革命とともに放置され60年間まったく手が入っていませんでした。この山を子供たちが楽しく遊べる森に生まれ変わらせるため作業をしています。


18.04.22 全山調査と倉庫の整理
18.04.10 作業道の補修、ホダギの本伏せなど
18.03.25 階段や粗朶棚の補修、林内整備
18.03.13 森づくり体験会準備と植樹
18.02.25 キノコの植菌、落葉搔きなど
18.02.13 林内整備、作業道補修など
18.01.09 新年神事、階段の補修など
戻る
●< 以下2017年(平成29年)
17.12.24 山の神年越し準備、ホダギの確保など
17.12.12 シイタケのホダギ確保、落葉収集など
17.11.26 そだ棚補修と落葉収集
17.11.14 作業道の支障木処理など
17.10.10 草刈りと出店用ツル籠作り
17.09.24 入口法面の草刈り
17.07.23 山の神広場の整備、正面法面草刈り
17.07.11 入口法面の草刈りと倉庫前ベンチの修理
17.05.28 玉切り材の移動、山の神の整備など
17.05.09 石川林地・傾斜木の処理
17.04.23 シイタケの収穫とフィールド点検
17.02.26 植栽、危険木の処理など
17.02.14 > 作業道の補修、危険木の処理など
17.01.22 落葉の収集、危険木の処理など
17.01.10 新年の神事とフィールド観察
戻る
● 以下2016年(平成28年)
16.12.25 山の神広場の整地、山の神正月飾りなど
16.12.13 草刈り、作業道整備、ホダギ作りなど
16.11.08 イチョウ祭り準備&除伐など
16.10.23 林内整備や倉庫の修理
16.10.11 篭やリース材料のツル採りなど
16.09.25 観察コースなどの草刈り
16.08.28 作業道の草刈り
16.07.24 除伐、粗朶棚整備、材の調達
16.07.12 除伐、粗朶棚整備、材の調達
16.06.26 除伐、粗朶棚及びツバキ林地整備
16.06.14 草刈り、除伐、ツバキ林地の整備
16.05.22 ホダギの本伏せと枯損木の処理
16.04.12 作業道やそだ柵の整備など
16.03.27 シイタケの菌駒打ちや粗朶棚の杭作り等
16.03.08 植栽木の補強と伐採木の処理
16.02.28 植木の植栽と木灰用材の収集
16.02.09 雪害木の処理と広場の整備
16.01.12 山の神への神事と作業道の見回り
戻る
● 以下2015年(平成27年)
15.12.27 ホダギ作りと作業道補修など
15.12.08 作業道等の補修作業
15.11.22 作業道補修とイチョウ祭り参加
15.11.10 作業道整備とツル切り
15.10.25 作業道の補修とそだ棚整備
15.10.13 散策用の道整備
15.09.27 作業道補修、除伐、そだ棚作業など
15.08.24 作業道補修、用材の伐倒、ツタの採取
15.07.26 作業道補修と補修用材の伐採
15.07.14 入口法面草刈り、植生・水生生物調査
15.06.28 法面整備、作業道補修、入口通路除草
15.05.24 急斜面の土留め・観察・総会
15.05.12 ホウノキの伐倒、作業道の補修
15.04.26 危険木や枯損木の処理
15.03.22 ツバキ林地作業、残材処理など
15.03.10 シイタケの駒打ち及び法面草刈り
15.02.10 二か所の除伐及び作業道の補修
15.01.25 除伐及び作業道の落葉集め
15.01.13 作業始めの神事及び除伐
戻る
● 以下2014年(平成26年)
14.12.28 除伐及びシイタケのホダギ作り
14.12.09 作業道の補修及び風倒木の整理
14.11.23 作業道の補修と作業小屋前整備
14.11.11 作業道の補修とイチョウ祭りの準備

戻る
● 以下2013年(平成25年)
13.07.28 入口上部草刈り、ホダ木作り、ヒノキ間伐
13.07.09 入口法面草刈り、残材整理
13.06.23 伐木処理、法面草刈り、作業小屋基礎作り
13.06.11 伐倒済み材の整理や倒木処理
13.05.26 新道路完成、根返木の処理
13.05.14 道路新設・根上木の処理
13.04.09 道路整備・枯損木伐採・フィールド調査
13.03.24 シイタケ駒打ち・植樹・駒木野整備
13.03.17 自然体験イベント・親子で春を感じましょう
13.03.12 道の整備とイノシシ防護柵作り
13.02.24 山道整備と材の片づけ
13.02.12 大径木伐採、落葉運び、植栽予定地整備
13.01.27 ヒノキ伐採、散策路整備、植栽地整備など
13.01.08 山の神に祈願、落葉溜め作り、ホダ木作り
戻る
● 以下2012年(平成24年)
12.12.23 切り株の整理、ホダ木作り
12.12.11 伐倒した材で柵作り
12.11.23 ヤマザクラの植樹
12.11.13 ヤマザクラの苗木運び込み、法面草刈り
12.10.09 伐採大径木の整理、道補修ほか
12.09.11 小学校向け総合学習準備、ヒノキ風倒木処理
12.08.26 伐倒木処理、山の神広場のベンチ交換
12.07.22 伐採木の整理、そだ棚作り
12.07.10 のり面の草刈り、残材整理
12.06.24 のり面の草刈り、植生調査など
12.05.27 ソダによる道補修、放置風倒木の処理
12.05.08 ホダ木整理と用材切り出し
12.04.22 炭焼き跡広場と奥につながる道整備完了
12.04.10 炭焼き跡広場の整備と土留め柵作り
12.03.25 シイタケ植菌と樹木整理
12.03.13 炭焼き小屋跡地整備と用材伐倒作業
12.02.26 炭焼き跡地広場整備、粗朶柵作りなど
12.02.14 落葉拾い
12.01.25 番外編:小学6年生の総合学習
12.01.10 初作業、落葉溜め作り、材の切り出し
戻る
● 以下2011年(平成23年)
11.12.25 最後の作業、協議会、忘年会
11.12.13 道づくり、伐倒作業
11.11.27 道づくり、倒木処理作業、作業小屋修理
11.11.08 台風被害の倒木処理と小学生体験用道補修
11.10.23 草刈り、台風被害等木処理、国有林整備
11.10.11 法面草刈り、台風被害倒木処理
11.09.25 台風被害の復旧作業と道づくり
11.09.13 炭焼き跡地までの道整備
11.08.28 炭焼き跡地の整備と大ヒノキへの道づくり
11.08.09 コドラード植生調査
11.07.12 夏本番、道補修、ササ刈り
11.06.26 雨の中での道補修、国有林整備
11.06.14 土砂崩壊地土留め、法面草刈り
11.05.22 若者グループ参加、フィールド案内・伐木体験
11.05.10 ホダ木整理、残材処理、土砂崩壊地土留め
11.04.24 倒木・古損木処理、道路補修、アオキ刈り
11.02.27 ヒノキ間伐、枝うち、作業道整備など
11.02.08 ヒノキ林間伐
11.01.23 ヒノキ林、駒木野国有林整備
11.01.11 神事・道づくり・ヒノキ林整備等
戻る
● 以下2010年(平成22年)
10.12.11 駒木野国有林地の伐倒木処理等
10.11.28 道整備、保育園児訪問、国有林整備
10.10.24 草刈りと道づくり
10.09.26 周回する道の整備つづく
10.09.14 ショートカット道の完成
10.08.22 猛暑の中、道づくり
10.07.25 雨と猛暑の中の草刈り
10.06.27 林内視察と協議会
10.05.29 玄関口のササ刈り
10.05.11 雨中のシイタケ本伏せ
10.04.25 伐倒、笹刈り、残材整理など
10.03.28 シイタケの駒打ち、除伐など
10.02.09 広葉樹・高木間伐、ヒノキ林整備
10.01.24 神事、シイタケの菌うち、巣箱架け
戻る
● 以下2009年(平成21年)
09.12.27 道整備、落葉掻き、協議会等
09.11.22 広葉樹・高木間伐始まる(3回分)
09.09.30 枯損木伐倒、草刈り、道の補修など
09.08.23 道作り・除伐など
09.07.26 除伐、草刈り、道の補修など
09.06.28 植生調査、小屋の修理、協議会など
09.05.24 子供イノシシの散歩、草刈りなど
09.04.26 笹刈りと残材整理2回続き
09.03.22 植樹、フィールド巡り
09.03.10 地ごしらえと道の補修
09.02.22 笹刈り・地ごしらえ&バーベキュウ
09.02.10 境界の倒木処理、笹刈りと地ごしらえ
09.01.25 間伐・道の補修・笹刈り・落葉掻き
09.01.13 初作業・神事・落葉掻き・残材整理
戻る
● 以下2008年(平成20年)
08.12.28 林内散策・協議会・忘年会
08.12.09 沢の補修・間伐・残材運び
08.11.23 崩壊個所の補修と間伐
08.11.11 ゲリラ豪雨で崩壊個所の整備
08.10.26 明るくなった林内、今年の除伐終了
08.10.14 除伐
08.09.28 除伐と残材整理
08.09.09 除伐・草刈り・枯損木の処理
08.08.12 除伐やエリア表示板の取り付け
08.07.27 カシ、アオキなどの除伐作業
08.07.12 山主の山林組合の皆さんを山にご案内
08.06.22 2年が経過第3回協議会開催
08.06.10 入口のクマザサ刈りや道づくり
08.06.01 臨時作業・植生調査
08.04.27 新緑の中道づくりと植生調査
08.04.15 現況を知るため植生調査開始
08.03.23 東京都主催・大自然塾最終回
08.03.11 春の陽気道づくりの続きや残材整理
08.02.24 急登部分の迂回ルート作り
08.02.22 広葉樹の森づくり研修会
08.01.27 初作業山の神に祈願
● 以下2007年(平成19年)
07.12.11 枯損木の処理作業
07.11.25 初参加の団体も盛況な大自然塾
07.10.28 台風一過・秋晴れでさわやかに作業
道づくりとかかり木の処理
07.09.23 開始早々雨で作業は中止
07.08.26 午後は第一回協議会
07.08.14 尾根道の倒木処理、橋の補修完成間近
07.07.10 小屋が完成、補助金で調達した道具が並ぶ
07.06.24 橋の補修つづく、太いツルに悩まされる
07.06.12 伐倒した木で橋の補修、ようやく小屋も形に
07.05.27 道づくり、沢筋整備、植生調査等
07.05.08 枯れたマツやクリの大木を処理
07.04.22 林の入口に花の咲く木を植樹
07.04.10 道づくりや植生調査の区域設定
07.03.13 クイ調達と植生調査の準備ノビルも採った
07.03.03 山の神の石の祠が埋まっていた
07.02.25 簡易トイレ完成道もつくった
07.02.13 平日の自主作業道づくりトイレも作る
07.01.28 自主作業皆さん道具を買って駆けつけた
07.01.13 本格的な作業始まる神事に続いて道づくり
06.06~ 「お日の森」とはこんな森です
戻る